CELICA GT-FOUR (TAMIYA/TA-01)
CELICA GT (TAMIYA/TA-01)
1992.10 タミヤから4駆のRC発売される。しかも私が当時乗っていたセリカと同タイプってくりゃ
買うっきゃない。すぐにスペアボディも購入しました。
GT-FOURの方は走る前に写真を取り忘れ、ご覧のありさまに...サーキットデビューは
KYOSHOサーキットでしたが、2〜3回で行くのをやめました。
(当時は神奈川県厚木市に住んでました。)


<画像>
ALPINE A110 (TAMIYA/M-02)
CELICA GT-FOUR (TAMIYA/TA-02)
1996.10 九州に戻って、そこの職場の同僚7、8人とRCを始めました。知らずにMシャーシを
購入してしまい、みんなが購入したTA-02とギア比、駆動方式が異なる事を後で知る事に..
結局、イコールコンディションにする為に、もう1台購入することになってしまいました。
それが隣のセリカです。


ALFA ROMEO 155V6T1 (TAMIYA/TA-03F)
FERRARI F-50 (YOKOMO/YR4-2SP)
それからしばらくして、ベルト駆動の方が駆動ロスが少なくて早く走れる(?)と思い込み、TA-03
つづけてYR4-2SPを購入し、部屋中RCだらけに...
タミヤキット付属のボディはマウントの穴開けてて良いと思うけど、スペアボディは穴無しで
販売してほしい! 他メーカのシャーシに取付けられて、売上げ伸びるのでは?タミヤさん


LANCER EVO.IV (TAMIYA/TA-03F)
MERCEDES CLK-GTR (YOKOMO/YR4-2SP)
こちらは、厚木への単身赴任中に購入した、スペアボディ。
CLKはF50の破損がひどくその後任として使用中


FORD F150 (HPI/RS4-MT)
IMPREZA WRC (TAMIYA/TA-03)
F150は単身赴任終了間際あわただしく購入。 初のグラデーション塗装に挑戦!!
エアブラシまで購入して、初めてにしては良い出来かも...でも手入れが面倒で...
インプは福岡で行われたタミヤモデラーズギャラリーで購入−組立て−未走行。


COROLLA WRC (HPI/RS4-RALLY)
インナーボディ付きのオフロードカーが発売されて
た99秋。1週間の研修先でランチを食べてたビル
の中にRCショップが...昼食後、店に寄って最後の
日に購入...
スーツでデカイ荷物を持って帰る羽目に。


DODGE STRATUS (HPI/RS4 PRO 3)
3年ぶりにNEWシャーシを購入!(新しいキットの方が早い気がして...腕をマシン性能でカバー?)
古いアンプが搭載できなかったので、新規にキーエンスのバック付き(下手なので必需)を購入。
数年前は、シャーシはカーボンファイバー製が主流だった気がしますが、今やコンポジットシャーシ
(要はプラ...強度に一抹の不安)が主流? ヨコモも同じようなシャーシになってます。
欠点: 1.シャーシの淵に立ち壁が出来たので、モーターのネジが締めにくい!!!
    2.低重心化の為、スパーギア、プーリーが低い位置にあるが、シャーシとの隙間が小さいので
シャーシに乗った小石を噛んで、ギアは歯欠け、プーリーは破損...(泣)
    3.ボディマウントが、フロントバンパーの上にあるので、ヒットすると、ボディがずれる。
でも、前のより早く、曲がりやすくなった気がします。     
'01/11月から使用していましたHPI/PRO-3のボディの
履歴です。
上の青はPRO-3のキット付属の物で赤、白はヨコモ、黄
はプロトフォーム製のダッジ・ストラトスです。
度重なる激突で。もはや手元にありません。
完成直後に画像に残しています。
ちなみに白と黄色のマーキングはPCでの自作です。


TB-01はタミヤGPに参加する為に購入しました。
参加された方はご存知と思いますが、予選は横一線のヨーイドンの為、1コーナーではクラッシュ
続発。 レースの途中もぶつけ合い...エンツォのボディも初レースにて逆走してたヤツに乗り
上げられて、ボロボロに...
なかなか入賞の盾をもらえず...
M-03はいつも行っているサーキットで流行だしたので買いました。


買ってしまったEVO-3...しかもスリカーン仕様を...
PRO−3を使って1年半になりましたが、EVO−3、SDとシャフトドライブが発売
されるなか、PRO−4がでるまでと頑張るつもりでいましたが、その発売日があまりにも
遅く...待ちきれませんでした。
又、スペアパーツもHPIに比べて安価なこともあり買っちゃいました。
RCのEVO−3用の2つ目ボディです。
protoform製のAlfa2.0ですが、デカールがライトとアlファのロゴだけで寂しかったので、昔のDTMに参戦していた頃のマーキングをPCで作成してみました。
下地の赤はタミヤのフロストレッドです。
画像では判りにくいですが、実物はもっと綺麗な赤です。
RCのEVO−3用の3つ目ボディです。
YOKOMOのDUDGE-Dです。
塗装はタミヤのフロストイエローですが...なんか黄緑っぽくなってます。
MOONの目の下にあの有名な口のマークを配してみました。
文字はSTONESではなくStratosにしています。
よく転がる操縦なので、Rolling Stratosなんてね...
今までのダッジ・ストラトスのデザインをまとめてみました。
なんかデザイナー気分...(^^)v

EVO−3用の3つ目のボディのデザインの際に初めて
ボディの画像を取り込んで、レイアウトを考えてました。
その後に今までのデザインを再現しました。
青+白ストライプと赤+白ストライプのHWロゴは普通のステッカー
ですが、他は自作しています。

他の人様にフレアーパターンなんかを塗装で表現したいので
すが、なかなか...マスキングが面倒で...

2009年に購入したミニシャーシのM05です。
左の画像はクーパーボディをミシュランパイロットカラーに仕上げたものです。
シールはフォード用のを持っていたのを、使用しました。
右の画像はアルファロメオMITOをDTMっぽく仕上げたもの。
どちらもタミグラに参加しています。

オフロード車
ミニ・インファーノ/京商
2006年のミニッツカップ・福岡大会でコンデレ
を受賞した景品で頂いたミニ・インファーノ。
1/8のエンジンモデルを半分の1/16で電動
バギー化されたモノです。
小さいけどちゃんと4駆で走ります。
サンドバイパー(DT−02)/TAMIYA
MINI-Z常連さんとオフ走行をするために購入した、タミヤの2駆バギー(DT-02)です。
今までも何度か買おうと思っていたバギー車ですが、買えずにいました。
それは2駆vs4駆のどちらを買うか迷っていた為です。
1度オフの走行会をやったけど、持ち寄ったシャーシはバラバラで、競争するのに
同じシャーシを持とう・・・という話になり、メンテが楽で安価な2駆にすることに決定!

ボディのデザインはキットのままでもカッコE〜だったけど、ミニッツのコンデレ受賞車と同じにしてみました。
ダークインパクト(DF−03)/TAMIYA
タミグラに出るなら、有利な4駆!
買ってみましたDF-03 DARK IMPACT
’07からDT-02は参加出来なくなった
ので、結局買うはめになりました。
MOONEYSカラーにしましたが、
リアウィングのDRAK IMPACTロゴが
カッコいいので、MOON IMPACTロゴを
似せて作成しました。
マイティフロッグ(タムテックギア)/TAMIYA
タムテックギア第一弾のフロッグです。
量販店の玩具コーナーでこの1台だけ
大安売り。
これでタミグラのダブルエントリーできます。
サンドバイパー(タムテックギア)/TAMIYA
タミグラ出るならフロッグのRTRボディだと
他車との区別が付かないので、オリジナル
ボディを作成。
デサゲのボディでDF−03と同じカラーに
仕上げました。
RS4MT/HPI
’98年に買ったRS4MTのボディ替えです。
オフロードだと小石をベルトに噛んで傷付き
パーツを頼みました。
オフでもよく走ります。

ミッドナイトパンプキン/TAMIYA
オフの走行会にてパンプキンや
ランチボックスで参集した方がいました。
そのファニーな走りを見て、欲しい。
両方欲しくて悩みましたが、お店に
ポリカボディのランチボがあったので、
キットはパンプキンにしました。
こちらは未走行のまま保管です。
ランチボックス/TAMIYA
走行用のポリカボディのランチボックスです。
ヒョフヒョフ走ってます。

ウィリーキング/HPI
RC雑誌のクローラー特集記事を読んで
釣られました。
一度もウィリー走行しないまま、クローラー
化してしまい、ちょっと後悔。

ドゥルガ(DF−03)/TAMIYA
ハイエンド4WDレーシングバギー、
TRF501Xの廉価版?
樹脂シャーシです。
タミグラ2008参加用として購入。
TAMIYAのランクル40(CR-01)です。
Berg2.2/enRouteです。

miniQLO/YOKOMOです。
手の平サイズのクローラーです。
上の画像はミニッツモンスター用を
ボディを乗せたもの。


最初に買ったレディ・セットの
リーボック・スカイライン。
スペアボディとして売られている
オートスケールのコルベットC5−R
すぐ使うつもりが、使えません。
’04年末の京商のキャンペーンで
当選した限定ブラック・エンツォ。
これも使えません。
三菱ディーラーで開催されたミニッツ
のレースに参加する為に購入。
ワイルド・スピードIIで主人公が乗って
いたランエボ。
オートスケールは欲しいけど、
買っても走行に使うのは気が
引ける。
そこで未塗装のホワイトボディに
PCでロゴを作成し貼り付けて作った
Mobil1 NSXです。
塗装はせずに手軽にレース仕様に。
NSXと同様にホワイトボディにロゴを
貼り付けただけです。
PS2のGT4に出ていたR34の
ペースカーのデザインです。
’05ミニッツカップ・福岡大会に参加
する為に作ったボディです。
上のは未塗装ですが、こちらは
塗装、ロゴ貼り付け、クリアー吹き、
コンパウンド磨き仕上げです。
新発売のAWDシャーシ用に作成。
R34のホワイトボディにBritzのロゴを
貼り付けています。
ロゴは全てイラストレータで作成。
作るのも大変でしたが、貼り付けるのも
大変でした。
上の方にあるNSXの後継ボディとして
作成、2005仕様のボディに2002仕様
のデザインです。
NEW MINIです。
このホワイトボディは屋根-ウィンドウ-
下半分の3分割構成となっています。
屋根の塗り分けを容易にするため?
塗装済みで売られているボディは、
ウィンドウ枠が塗り分けられています
が、その線が判りません。
そこで後の窓は塗りつぶしました。
2006年4月に開催されたカラーリング
フォトコンテスト・・・で入賞を逃した人
から抽選で当たる景品の512BBです。
ホイルもディスプレイ用が付属でした。
エアブラシで描かれた
鷹の絵が迫力です。
どうやったらこんな絵が
描けるのでしょう?
2006年のMINI-Z CUP福岡大会用に
作成した、MR−015用の350Zです。
当初N1クラスに参加のつもりでしたが、
土曜日に開催とのことで、断念。
下のF360の練習用として作成した
F430です。
見た感じが同じだったので、シャーシの
セッティングは同じでボディの乗せ変え
が可能かと思いましたが、駄目でした。
このボディは何度も走行してので、
ボロボロです。
2006年のMINI-Z CUP福岡大会用に
作成した、MR−02用のF360です。
モデナチャレンジに参加した車両を
お手本にしました。
上の2台と同時進行で作成。
フレイムスはマスキングで塗分けてい
ます...マスキングの切出しに3時間。
MINI-Z CUPは予選2回、決勝の計3回走行します。
そのうち1回でも走行し、車検を通った車両の中から
コンクールド・エレガンス(略してコンデレ)が選ばれます。

そして、遂に今年のCUPでコンデレに選ばれました。
右の画像は京商のHPに載った画像です。
F430が練習用として使えないと判り
急遽作成したホワイトF360。
ホワイトですが、ちゃんと白を塗装して
います。
ブツかって色が剥げ落ちても、目立ち
ません。
ウレタンコースでの練習で、2、3周の
間にミラーは脱落してしましました。
2007年のミニッツカップ参加用に作成
した、ENZOです。
参加車両のほとんどがENZOなので、
それ以外のボディでの参加をと思って
ましたが、やはりENZOに・・・。
ミニッツ・モンスターのバハバグのボディ
ですが、レーサー用に改造しました。
NASCARの送信機レスセットを購入。
MR-015MMシャーシです。
AUTOSCALEで購入。
ランチャストラトスのAUTOSCALEです。
このボディはグロスコート仕上げです。
2008年末頃からファインポリッシュに
変更され、デカール貼り品は仕上げ
となり質低下となる話を聞いて、
グロスコートの在庫品を慌てて
購入しました。
ミニクーパーのAUTOSCALEです。
上のミニを買ってから、欲しくなったのが
このユニオンジャックのミニ。
そして走行用に購入したのがこの赤。
行きつけのサーキットでもこの色で走行
されているので、ステッカーを貼って
識別する予定。

2010年のMINI-Z CUP福岡大会用に
作成したF430です。
F430チャレンジに参加した車両(かも)
2台のデザインを合わせてお手本にしました。
1台を練習用、もう1台を本番用のつもりで
2台同時に作製しましたが、完成したのが
本番間近でしたので、両方本番に投入。

そして2度目のコンデレをゲット。
下の画像は京商のHPに載った画像です。


賞状と一緒に記念撮影。
賞状は無印良品のアクリル盾に入れてます。


厚木への単身赴任中の約1年、天気の良い週末は殆どサーキット通い。
でも、レース出場はまだです。(プレッシャーに弱くて、レースだとまともに走れない)
上の写真は当時あこがれていたタミヤサーキットへ出かけた時の写真です。(ここはこの1回だけ)
福岡に戻ってからは、以前一緒にやっていた人達はほとんどRC熱はさめていて、年数回サーキット
に行く程度です。

やっちゃいました...MARSの後に出たMARS Rの真似してLEDを
ブルーに
右上が変更前で右下が変更後です。
別に画像処理したわけでもなく、実際ブルーの輝度は明るく、眩しくて
SWの文字が読めません。

しかし、LEDの交換は苦労しました。
LCDの足にLEDが載った基板をハンダ付けで固定し、また部品の
リードを利用して別の基板をハンダで固定...1枚目はすぐにとれ
ましたが、LEDの基板はLCDの足の数が多く、又両面基板の為、
ハンダが取れず、基板を浮かして交換しました。